◆鍼灸治療とは・・・◆

鍼灸治療は、一般的に肩こりや腰痛など筋肉の症状に効果的だというイメージが強いようですが、本来、東洋医学は特徴として身体全体のバランスを整えることにより病気を治療、予防する医学です。

肩こりや腰痛なども単なる筋疲労としてだけでなく、内臓の疲労や、ホルモンの異常、自律神経のアンバランス、姿勢、骨格のゆがみ・・などが悪影響を及ぼしていることが多いものです。その為、たとえ肩が痛い、腰が痛いなどの体の一部分だけに症状がある場合でも、根本的な改善をするためには全身的な治療が必要となります。
症状が多い場合や、痛みの強い場合、マッサージでなかなか改善されない場合などは鍼灸治療をお勧めします。

体には全部で12本の経絡(それぞれの内臓につながる、気が流れるルート)があります。気の流れが悪くなったり、連絡している内臓の不調などがあると経穴(つぼ)に痛みなどの反応が現れます。
"反応を出している経穴(つぼ)"や"特定の機能を持った経穴(つぼ)"に鍼灸治療を施して流れを改善し、回復を促すのが目的となります。

元気ハンズでは"長野式治療法"という鍼灸治療法を取り入れています。
長野式治療法とは故:長野 潔先生が体系化した治療法であり、非常に幅広い効果から注目を集め、現在では米国ハーバード大学医学部卒後研修にも採用されている治療法です。



【鍼灸治療の適応症の一部】

肩こり、むちうち、ぎっくり腰、神経痛、関節炎、変形性膝関節症、頚椎症、椎間板ヘルニア、顎関節症、などの運動器疾患。

偏頭痛、緊張性頭痛、不眠、慢性疲労などの自律神経バランス異常。

食欲不振、ムネヤケ、胃痛などの消化器疾患。月経困難症、月経前症候群、子宮内膜症などの性ホルモンバランス異常。

アトピー性皮膚炎、花粉症など各種アレルギー疾患。